« WebBrowserコントロールを制御する | トップページ | IMEで逆変換をする »

WebBrowserコントロールのフォントサイズを変更する

VB2005のWebBrowserコントロールで文字のサイズを変更する。次のコードでいいような気がするのだが,動作しない。

        Me.WebBrowser1.Document.ExecCommand("FontSize", False, "1")

しかたがないので,ActiveXInstanceからExecWBメソッドを呼び出す。遅延バインディングなのが気にくわないが,とりあえず,しかたがない。

    Private Enum OLECMDID
        ZOOM = 19
    End Enum

    Private Enum OLECMDEXECOPT
        DONTPROMPTUSER = 2
    End Enum

    Private Enum IEScaleSize
        Smallest = 0
        Small = 1
        Medium = 2
        Large = 3
        Largest = 4
    End Enum

        Dim Res As Object = Nothing
        Me.WebBrowser1.ActiveXInstance.ExecWB(OLECMDID.ZOOM, OLECMDEXECOPT.DONTPROMPTUSER, IEScaleSize.Medium, Res)

|

« WebBrowserコントロールを制御する | トップページ | IMEで逆変換をする »

コメント

文字が薄いのでせっかくいいこと書いてあるのに見ずらいです。

投稿: | 2007年9月18日 (火) 15時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148547/11834467

この記事へのトラックバック一覧です: WebBrowserコントロールのフォントサイズを変更する:

« WebBrowserコントロールを制御する | トップページ | IMEで逆変換をする »